【2017最新版】 生活に役立つ知恵 〜情報サイト〜

スポンサードリンク
ナンプレ・数独の解き方・やり方・初級&中級&難問のまとめ

ナンプレ(数独)の解き方

ナンプレは楽しいですよね!まずはルールを覚えて見ましょう。ちなみにナンバープレイス(ナンプレ)と数独は呼び方が違うだけで同じものを指しますよ!

【1】 どのタテ一列にも1~9の数字が1個ずつ入る。
【2】 どのヨコ一列にも1~9の数字が1個ずつ入る。
【3】 区切られた3×3のどのブロックにも1~9の数字が1個ずつ入る。

これが基本ルールです。

スポンサードリンク

 

 

数独の解き方

先ほども書いた通りで、ナンプレと数独は同じものを指します。ルールは同じ。

では先ほどの基本ルールを別の言い方で表現してみますね!

【A】 どのタテ一列にも 同じ数字は入らない。
【B】 どのヨコ一列にも 同じ数字は入らない。
【C】 区切られた3×3のどのブロックにも 同じ数字は入らない。

このようなルールとなります。

 

 

 

 

解き方のコツ 初級編

解き方にはコツがあります。解き方さえマスターしてしまえば、初級の問題は簡単に解けるようになりますよ。

1列に2マス残った場合の解法は、空欄の2マスには「3」か「5」が入りますが、一見、どちらにどちらが入るか特定できません。

横から見てみると、3行目を見ると、右端に「3」があるため、赤く囲ったこの縦の列に「3」は入りません。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

 

 

 

解き方のコツ中級編

ピンク色ブロック内の2つの★マス、青色の3と7に注目しましょう。

ともに横方向にレーザーを飛ばすと、3も7も★マスにしか入らないことがわかりますね。
今のところ、どちらの★に3や7が入るかはわかりません。
ただ、仮に、一方の★に3が入ったとしたら、他方には自動的に7が入ることはわかりますね。
もちろん、逆に、一方の★に7が入ったとしたら、他方には自動的に3が入ることになる。

ということは、★マスには3と7以外の数字が入る余地はない ということがわかるんです。

まるで、★マスは3と7で予約いっぱいになったという状態ですね。
そういうわけで、ちょっと「3-7」とでもメモしておくことにしましょう。
ここに3と7以外は入りません。それを踏まえて、別の数字を見てみましょう。

詳しくはこちらのサイトをご覧くださいね。

 

 

 

ナンプレの難問の解き方

オレンジ色の2列において1の入り得るマスを探してみます。上の列では、1は▲と△のどちらかに入りますね。
下の列では、1は○と●のどちらかに入ります。
さらに、よく見ると、▲、△、●、○の4つは長方形状に並んでいます。
実はここがミソ!

上記の解説により、▲、△、●、○のうち2マスに1が入ることはわかりますね。
そして、同じタテ列に同じ数字は入れられないのだから、2つの1の入れ方として「▲と●に入る」「△と○に入る」の2通りしかないことがわかります。
まるで対角線のどちらか一方に1が入るという感じですね。

詳しくはこちらのサイトをご覧くださいね。

スポンサードリンク